カテゴリ:カンボジアバックパッカー( 3 )

カンボジアの思い出色々

◯カンボジアで、4日間ガイドをしてくれたAtto。
朝、待ち合わせ時間にホテルのロビーに出ると、彼が待っていて、
壱「アロン スオ スダイ」
A「おはようございます、御飯食べましたか?」
壱「ニャム ハウイ、ニャム バーイ ハウイ?」
A「食べました、ありがとう」
という、お互いの国の言葉で交わされるクメール式挨拶で一日が始まる。

毎日、バイクやトゥクトゥクの後ろに乗ってウロウロ。
f0233393_19582856.jpg

デタッチャブルなクメールのトゥクトゥク。
一緒に御飯食べたりした。
f0233393_19582491.jpg

彼は、普段ツーリストが通らない田舎路を走ってくれた。
f0233393_1958194.jpg

まだ舗装が進まず、ボコボコの砂利道で、ケツが跳ねながら走る路。
そういうカンボジアの原風景が一番印象に残っていたりする。
そんな路を走っていると、色々なところから聞こえる甲高い音。
良く聞くと子供の声で、「バイバーイ!」って言ってる。
こっちも笑顔で手を振ってみた。
f0233393_19581335.jpg

川では漁をする親子の姿。
こんな小さな子まで手伝って魚を採ってた。
f0233393_1958719.jpg


◯お気に入りのモーニングタイム
ホテルの朝食はテラスで。
朝、行き交う人達の生活感を感じるお気に入りの席。
f0233393_1957581.jpg


◯遺跡巡り
こんな立派な彫刻や、
f0233393_19575113.jpg

崩壊した回廊、その上から木々が飲み込もうとしている光景とか。
f0233393_19574553.jpg

そして、2011年最後の夕日。
f0233393_19572437.jpg


◯ルール?マナー?
生活に密着した交通手段、バイク。
f0233393_195744.jpg

f0233393_1956573.jpg

右側通行の道路の更に右を逆走してくるのは、左の対向車線に合流したいから。
これがこの国のやり方。
マナーはその土地が作るもの。
自分のモノサシで決めてはいけない、という単純なことに気づくことができた。
f0233393_19571035.jpg

たまにはパンクもする。
修理屋は至るところにある。
f0233393_19562694.jpg


◯マーケット
トンレサップ湖の恵み。
動いているよ。
f0233393_19561022.jpg

種類を聞いたら、「トム(魚よ)」と言われた。
確かに「トム」だ。
言葉は通じなくても、ショーウインドーに盛られたおかずを指さすと取り分けてくれる。
相席で、ごちそうさま。
f0233393_1956529.jpg



大満足の4日間。
でも、もう少し居たかった南の国でした。
[PR]
by tetro1101 | 2012-01-08 20:22 | カンボジアバックパッカー | Comments(0)

彫刻天国、カンボジア

約20箇所の遺跡を巡った今回の旅。
そして、どこでも目に付く見事な彫刻。
それらを眺めていると、表情が一つ一つ違うことに気付き、
途中から、お気に入りの彫刻を探して歩いていた。

今日は、改めて見るお気に入りの写真の紹介。
f0233393_21374553.jpg

f0233393_21374163.jpg

f0233393_21373748.jpg

f0233393_21373478.jpg

f0233393_213729100.jpg

f0233393_213724100.jpg

f0233393_21371899.jpg

f0233393_21371227.jpg

f0233393_2137944.jpg

f0233393_2137573.jpg

f0233393_2137163.jpg

f0233393_21365849.jpg

f0233393_21365465.jpg

f0233393_21365182.jpg

f0233393_21364648.jpg

[PR]
by tetro1101 | 2012-01-06 21:42 | カンボジアバックパッカー | Comments(0)

食べ歩きカンボジア

カンボジアでの東南アジア飯。
中学の頃に親に連れられて行ったインドネシアで味覚の違いに衝撃を受け、
同じ南国東南アジア、正直、美味しく食べれるんじゃろか…と思ってたけど、
どれもチュガニュ(美味しい)!!
完食だった。

◯ココナッツジュース
遺跡巡りの潤い。
ほのかな甘さが凄く良い。
けど、見た目よりかなり量があった。
そして、見た目通り重い。
f0233393_2027843.jpg


◯エビの青コショウ炒め
f0233393_2027460.jpg


◯アーモック
魚をココナッツミルクで蒸したやつ。
f0233393_2027073.jpg


◯鳥やら牛やらBBQ
ガイドに誘われ、ゲストハウスのパーティーへ。
f0233393_20265671.jpg


◯カレー(ココナッツイン)
いつも食べ慣れてるより、香辛料が効いてる、青い感じ。
f0233393_20265199.jpg


◯焼酎&ビア
シンとか言ったかな?
「Spirit」て書いてあった焼酎。
さっぱりフルーティー。
左のは、「My coutry, my beer」なアンコールビール。
ジョルモーイ!!
f0233393_2026463.jpg


◯魚の炒め物とスープ
地元の人が良くという食堂で。
あ、全てのメニューはおかずのみ注文するスタイルだけど、
必ずバーイ(白ご飯)が付いてくる。
そして、このバーイはおかわり自由なのがクメールスタイル。
f0233393_20264187.jpg


◯フライドライス
意味が分からず注文。
日本語で「焼き飯」。
f0233393_20263753.jpg


◯魚のあんかけと炒め物
オールドマーケットにて。
f0233393_20263357.jpg


◯以外にも、「鍋」
南の島なのに、地元の人は好きだそうだ。
f0233393_20262936.jpg

日本と違うのは「牛の脳みそ」が具なこと。
プルンとしてた。
f0233393_20262464.jpg


◯フレッシュオレンジジュース
シェムリアップ空港でチェックイン後、喉が乾いて注文。
何と、店員さんが後ろのバスケットから果物を取り出し、
半分に切ってハンドジューサー。
搾り立ての一杯がすごくうまかった。
f0233393_20261987.jpg

[PR]
by tetro1101 | 2012-01-05 20:40 | カンボジアバックパッカー | Comments(2)